暖かくして 風邪に気を付けてね 韓国語

韓国語で「暖かく過ごしてね」「風邪気を付けてね」と言いたいなら

韓国語
寒いですよね。
早く春になってほしいものです。

 

テレビのファッションとか見てると
もう春かな~って思うんですけど、
外にでるとまだまだ冬ですよね汗

 

私は冬が苦手なので
早く暖かくなってほしいと思います。

 

さて、韓国語で表現したいけど
どうやって表現したらいいのかわからないことってありますよね。

 

日本語の直訳で
訳したらなんか変な感じになってしまうっていうことも多いです。

 

隣の国なのにね・・。

 

<スポンサーリンク>

 

私は韓国語の表現が気にいって
よく使うので
逆に

 

「これは日本だとどうやって表現するかな・・・??」

 

と考えることがよくあります笑

韓国語温かく過ごしてね

それぐらい韓国語の表現が面白いんですよ。
ですから、ぜひ韓国語にどっぷりはまってみてください。

 

特に感情表現なんかはたくさんあるので
いままでたまっていた感情とかが
どんどんなくなっていく感じがします。

 

自分の感情が言いやすいんですよね。
それもはっきり。

 

だからって全部をばばば~っていつもいってるわけじゃないですよ。
韓国人でもそれなりにいろいろ言えないタイプもいるんですよね。
意外なんですけど。

 

韓国人のA型って日本人ほどじゃないけど
やっぱりA型ですよ。

 

さて、本題に入りますね。

 

韓国語で

 

「暖かく過ごしてね」

 

と言いたいときは

 

「暖かい」+「く」+「過ごしてね」

 

となりますね。

 

「暖かい」

「따뜻하다(たっつっただ)」
です。

 

ここで、パッチムの部分に「ㅅ(シオッ)」が来て、次に「ㅎ(ひうっ)」がある場合は「さ」ではなく「た」と発音します。

 

あと、サンティグ(ㄸ)は正確には「た」じゃなくて、詰まった「た」になるんですが
文面では説明が難しいので省略します。

 

会話のCDやYOUTUBEなどで確認してみてください。
ちなみに最初はむずかしかったですけど
練習するとすぐにできるようになります。

 

次に「く」ですが、動詞にかかるので
「暖かく」と日本でも変化しますよね。
韓国語も同じです。

 

その場合

 

「따뜻하게」

 

となります。

 

原型の最後の「다」を取り除いて「게」を付けます。

 

次に「過ごしてね」は

 

「지내요.(ちねよ)」

 

になります。

 

全部つなげると

 

따뜻하게 지내요.(たっつったげ ちねよ)

 

になります。

 

この場合、ちゃんと間をあけてくださいね。
単語ごとに間をあけるのがルールです。
英語と同じですね。

 

<スポンサーリンク>

 

次に

 

「風邪に気を付けてね」

 

ですが

 

「風邪」は

 

「감기(かmぎ)」

 

です。
この時、発音に注意なんですが、
日本語そのままに「かむぎ」と発音すると
韓国の人は何のことかまったくわかりません。

 

私も同じ失敗をしましたw

 

「む」じゃなくて「m」です。
唇を閉じながら、「ん~」という感じです。

 

かmぎ。
練習してみてください。

 

かmぎ。です。
言いなれるのが一番です。

 

 

「気を付ける」は

 

조심하다(ちょしまだ)

 

ですので

 

「気を付けてね」は

 

조심해요.(ちょしめよ)

 

になります。

 

原型が変化してるのに注意してください。

 

ですから、

 

「風邪きをつけてね」は、

 

감기 조심해요.(かmぎ ちょしめよ)

 

になりますね。

 

発音を気を付けてくださいね。かmぎ。
これちゃんとしないと通じません。

 

私は言い方が変だったみたいで
実際に見るのというのは違いました。

 

なのでオリジナルの発音を聞いてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

page top