韓国語で「疲れた」と言いたいとき 春だからなんか憂鬱・・・。

韓国語で「疲れた」と言いたいとき 春だからなんか憂鬱・・・。

春ってどうですか?
今春なんですけど、すごい私落ち込んだんですよね。

 

生理前にはちょっと気分がアップダウンして
イライラしたりすることもあったんですけど

 

なんか今回は違う。
なんかいい季節なのに気分がのらない。
イライラする。

 

これって何だろうって思ってから韓国の人がこういったんです。

 

「봄을 탔나봐요.」(ぽむる たんなばよ)

 

え??春に乗った?
それって何??って思ったんですけど

 

春にこうやって憂鬱になる人のことを

 

봄(을) 타다(ぼむる ただ)

 

と表現するようです。慣用句ですね。
どういういみかというと

 

1、春に食欲がなくなったり、体がだるくなったりやつれたりすること。

 

例)아이가 봄을 타는지 통 밥을 먹지 않는다.
子供が春に乗ったのか、全然ご飯を食べない。

 

2、春の気運のせいで心が安定せずに気分がおちつかない。

 

この二つの意味があります。
私の場合は、2ですよね。憂鬱でしたw

 

はい、みなさんも春に乗ってるでしょうか?
気分転換にショッピングでも行きましょう♪

 

さて、疲れたですよね。

 

피곤하다.(ぴごなだ)
피곤해.(ぴごね)
피곤합니다.(ぴごなmにだ)

 

になります。

 

発音もしやすいですよね。
日本人は피の発音簡単ですからね。
これはピなんですけど
息と一緒に出すとOKです。

 

ちょっと気分が載らないときは
韓国語の勉強もいったん休んだらいいんですよ。

 

楽しくやりましょうよ^^

 

 

初心者が韓国語を独学で勉強したいならおすすめ教材

スポンサーリンク

page top