このサイトでの韓国語の発音の表記について

このサイトでの韓国語の発音の表記について

韓国語表記

ここでは、

 

このサイトでの韓国語の発音の表記についての説明をします。

 

やっぱりね~

 

英語もそうだけど

 

ちゃんと発音したいじゃないですか。

 

韓国語を話していて良く感じるのは

 

「ちゃんと発音しないと通じない」

 

っていうことです。

 

「韓国人みたいに話さないといけない」

 

ということではありません。

 

発音をちゃんと通じるようにいう必要がある

 

ということです。

 

 

韓国語の場合だと

 



 

この3つのハングルがありますが、

 

どれも

 

「ん」

 

なんですよ。
日本人からするとまったく同じ「ん」に区分されるんですが

 

韓国人にとっては

 

全く意味が違う言葉になる3つの「ん」なんですよね。

 

ㅇ(いうん)は

 

口を開けた状態でいう「ん」
(日本で言うと「パン」の「ン」ですね)

 

ㄴ(にうん)は

 

舌を上の歯につけた状態でいう「ん」
(日本語いうと「にんにく」の「ん」)

 

 

ㅁ(みうm)は

 

口を閉じた状態でいう「ん」
(日本語で言うと「ぐんま」の「ん」)

 

です。

 

ほら~日本語だと自然と使い分けてる(というか区分してないというか)
この3種類の「ん」を韓国では違うものをして使われているんです。

 

だから

 

ぜんぜん違う意味がちがってくるので
それを知らずに話してしまうと

 

「何を言っているの?」

 

と思われてしまうんです。

 

なので、このサイトではできるだけ韓国語の発音に近く表記をしようと努力しております。

 

あくまでも努力。限界がありますから。

 

たとえば
ㅃ,ㅉ,ㄸ,ㄲ,ㅆ

 

この二つ子音がつながってるタイプのハングルは
音が詰まる発音でして、
これを文字に表すのは難しいです。

 

実際に耳で聞いてみて、練習してください。
私も最初は苦労しましたが、今は通じるくらいには言えるようになりました。

 

できますから。大丈夫ですよ。

 

 

なので、

 

ここでは

 

パッチムの
ㄹは
rとして

 

舌を上に巻いて「ル」といってください。
決して普通に「ル」と言わないように。

 

ㄴ(にうん)は
nと表記して
舌を上の歯にくっついて「ん」と発音

 

ㅁ(みうm)は
mと表記して
唇を閉じた状態で「ん」と発音

 

ㅇ(いうん)は
なんの表示もしてません。
口を開けた状態で「ん」と発音

 

ㄱ(きうく)は
kと表記して
息を吐きながら「ク」と発音
(英語の発音のkickのckに近い)

 

です。

 

「ちょっとわかんないな~」

 

と思ったら実際の韓国語の発音を耳で実際に聞くのが一番確実です。

 

音声データがついている教材などで発音をきいてみてください。

 

日本語のルビにはなるべく頼らずに耳で聞こえたままを言うように習慣づけてください。

 

もちろん今までの日本語舌ですから

 

最初から簡単に韓国語舌になるわけではありません。

 

韓国語を話すとすごく舌を使うので、真面目に話すと本当に舌が疲れます。

 

完璧には難しいですけど

 

ちょっとでも正確な発音を心がけることで

 

韓国の人にも通じるハングルを話せるようになります。

 

 

だからといって

 

あんまり神経質にしすぎると

 

楽しくなくなってくるかもしれませんから

 

リラックスして取り組んでください。

 

 

このサイトの表記をみながら

 

「あ~こんな感じで発音したらいいんだな」

 

ってちょっと思ってくれるとうれしいです。

 

 

楽しんで勉強しましょう♪
ファイティン。

スポンサーリンク

page top